まだ続く・・出産話・・

 

激痛でもう我慢の限界が来ていたわけですが

何の情報も得られないまま

独自にお産を進めて行っていたのです。

「排臨です」の言葉

聞き逃さなかったよ。

排臨・・・・?と言うことは

息子くんの頭が出かかっている?出たり引っ込んだりの状態?

ま。そんなとこよね?

と言うことは???子宮口全開してる?

全開間近?

もう、いいんじゃない?

と、勝手に判断いたしまして

よし。産もう。と思った

creditcard-c.com

私の記憶では、分娩台と言っても

平らな普通のベッドに近いものだったような

ほら、良くある足を大きく開いて乗せるところあるじゃない?

そんなのに足を乗せてはいなかったのよね・・・

なので、自力で大きく足を開き

さらに自分の手でぐっと両足をさらに引き上げじゅうぶん開いたところで

陣痛の波と共に力を入れてみた。

その時・・・ふと

私の頭上に何かを感じた。

その方を見てみると・・・

総回診ってやつですよ。

いつの間にやら

たくさんの医師に囲まれていた。

と、同時に担当医もやってきた

のんきに「お産が始まったら早いって言ったでしょ~。」って

ほらね?と言わんばかりの。意味わからん。なんだい?その感じ。

ま。そんなことはどうでもいいさ

私は産む。

で、二回目力を入れたところで

総回診の長。たぶん産婦人科の部長なんだろうね

「はいはい~。いいよ~。そのまま力入れて~」と

担当医を押しのけてやってきた。

誰が取り上げようと、別にいいもんね。

で、4回目力を入れたところで

産まれた。

3600g超のなかなか大き目の息子くん。

へその緒が3回も首に巻いていて

かなり首がしまった状態で出てきたので

全身の色が悪かったけど

すぐに回復したので問題はないようだ。

ベテラン助産師さんの話だと

こんなにへその緒が巻いて出てきた子を初めて見たと

でも、へその緒が普通の1.5倍ぐらい長かったそうで

だから出てくることができたんだって

おまけに、胎盤も1.5倍ほど大きかったそうだ・・・・なんでだ?

それから後産ですけど

胎盤が低くて九大にお世話になっていたんですが

やっぱり、出血が多かった。

どこかに裂傷ができたのか?

と色々診てくれましたが

そんなことはなく

ただただ出血が多く

なかなか止まらなかったです。

輸血するほどではなかったですが

出産から2日間は寝たきりで

起き上がることは許されなかった。

授乳も寝たまま。

促進剤を使うと痛みはすごいけど

ホントに痛かった時間はとても短く

振り返ってみると、安産でしたよね。

ありがたいことです。

今回のお産は自力感ハンパなかったけどね・・・

f:id:kopukoko:20170716231859j:plain